So-net無料ブログ作成

さよひめ戦記535 002 [小説2]

もどる

イスルギのスガルが漁をしていた海上のわずか北東にあるマツラのカラの浜。
洋上には幾隻かの大船が停泊している。
その周囲には数え切れぬ小船が群がっていた。
長く伸びた海岸線に耶麻人王(ヤマトノオオキミ)の海の軍(アマイクサ)が上陸行動を展開しているのだ。
千艘を数える小船が浜にこぎ寄せ、万を越す軍人たちが軍馬や物資を搬出している。
かなり幅広い浜辺であるのに船を付ける場所を探すのが困難なほどの混雑ぶりを示していた。

砂浜ではすでに部下を叱咤する隊長(イクサモリ)の声や馬の嘶きが喧噪を高めている。
船から落ちて波に落ちる者もあり、軍事物資を取り落とす者もある。
そこにはある種の緊張感が漂い、そして活気に満ちていた。

この有り様をじっと見物している目があった。

上陸行動の続く浜の奥には小高い丘があり松の林となっている。
その松の木陰から一人の少女が騒がしい水際の様子を覗き見しているのだ。
海岸からは彼女の姿は隠させていたが・・・
兵(ツワモノ)たちがその姿を一目見れば驚くだろう。
吹き抜ける潮風に長い黒髪がさらさらと靡く。
西に傾きかけた陽ざしを横顔に受け少女の大きな瞳がきらきらと輝く。
その眼差しは海岸の人々に注がれ、微かに揺らめいている。
彼女は右手に干し柿を持っていた。
口をもぐもぐさせていたかと思うと急にぷっと種を吐き出し、また干し柿にかぶりつく。
そんな動作も彼女がすれば妙に様になる。
それほどに美しい少女だった。

少女が干し柿の残りを口にしまいこむと松の木の上から男の子の声がする。
「姫御子。柿をもっと召し上がりますか」
上方の松の枝。
少女よりもいくつか年下と見受けられる少年が干し柿の入った袋の口を広げながら腰を降ろしている。
姫御子と呼ばれた少女は上を仰ぎみることもなく、右手を小さく閃かせた。
その手に新しい干し柿がふわりと落ちて来る。

そのとき少女の目が何かを発見したように大きく見開かれた。
同時に上にいる少年がつぶやきを漏らした。

「あれがイクサノキミか」
            
この耶麻人軍を率いる将軍(いくさのきみ)は大伴狭手彦(オオトモのサデヒコ)。
彼は既に上陸し、愛馬の上で兵の上陸を見守っていた。
だが姫御子と少年のいる丘の上からは人の顔などよほど目のいい者でも見分けられない。
にもかかわらず少年は言い足した。

「随分若い。兄様と幾つも変わらぬ年頃だ。それに身なりもイクサノキミらしくないや」

堂々たる体躯の狭手彦だったが、その身なりは質素で、衣袴に盤領の上衣と僅かな武具を着けているばかり。
それに比べて丘の上の少年と少女は派手な刺繍の入った韓の衣を無造作に着込んでいる。

少女はかすかに微笑んだ。

(つづき)→http://kid-blog.blog.so-net.ne.jp/2008-05-26

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。